先輩インタビュー 先輩インタビュー

世代を超えて意見を言える場所

小窪 麻子先生
関目中央保育園
入 職:平成31年4月
保育歴:6年

理想の保育がここにあった

高校生の頃、姉に子どもができ、お世話をしていく中で子どもの成長が自分を和ませてくれると気づき、保育士の道へと進みました。入職を決めたのは、「子どもが自分で考え自分で行動できる保育を目指している」と聞いたからです。例えば食事前の片付けの際に「今から片付けの時間だよ」と口に出して伝えるのではなく、保育士がエプロンとバンダナをつけることで片付けの時間だと気づき、自分から片付けていくなどです。こういう保育ができたらいいな、と思っていたことが貝塚中央福祉会ではすごく自然に実践されていて、ぜひ一緒に保育がしたいと思えました。
最初は難しさも感じましたが、先生方がやさしく指導してくださるので日に日に慣れていき、子どもたち自身が楽しそうに過ごしていることが励みになります。「先生、今からこれしていい?」ではなく、関目中央保育園の子どもたちは「今これがしたい!」と自分から発信してくれることが多く、改めてすごいと思う日々です。

働く環境にも大満足です

できたばかりの関目中央保育園の基盤を作り上げるのが、今いる私たちの仕事です。みんなが同じ立場に立っている状況なので、自分の意見も言いやすく、とてもいい環境だと感じています。
有給休暇も「取りたい日に取ってね」と気遣ってくださったり、残って仕事をしていたら「帰ってね」とやさしく伝えてくださったり。上の立場の先生方が、きちんと一人ひとりのことを見てくださっているということが伝わります。

メッセージ
魅力的な先生方とチームで頑張りましょう

卒業後すぐや転職したばかりだと、「まだ意見を言える立場ではない」と思われるかもしれませんが、貝塚中央福祉会は誰もが世代を超えて積極的に発信していける場です。自分もチームの一員だという自信を持って、自分の想いをどんどん発信していっていただけたらと思っています。
先生方はとてもやわらかい雰囲気をお持ちなので、疑問に思ったことを伝えたり、相談したりするときにも親身になって応えてくださいます。ぜひ安心して入ってきてください!

笑顔で働く!笑活をはじめうよう♪

求人について聞きたい!方へ

お問い合わせ

WEB面接を受けたい!方へ

エントリー

×閉じる