先輩インタビュー 先輩インタビュー

子どもたちの成長が何よりも喜び!

長谷川 環先生
関目中央保育園
入 職:平成31年4月
保育歴:11年

遊びも学びもバランスよく!

幼稚園と保育園、どちらにも勤めた中で、私自身がもっと子どもたちと遊びたい、学びって楽しいと感じてほしいと思うようになっていました。
貝塚中央福祉会では、子どもたちの自主性を大切にして、遊びの中から創造力が広がるように、おもちゃや環境を用意しています。また、一斉保育ではなく、少人数で取り組み、子どもたちのペースで無理なく学びを進めていくことができる、ということに共感して入職を決めました。

先生方の考えや意見を尊重したい

できたばかりの保育園なので、「みんなで作り上げていこう!」と一丸となって頑張っているところです。
そんな中で、最初は登園時に泣いていた子が徐々に泣かなくなり好きな遊びを自分で見つけられるようになったり、園の屋上から電車がよく見えるので「電車! 電車!」と教えてくれたりと、成長が垣間見られるのは私たちにとって本当に喜びです。

主任という立場に立たせていただいていることもあり、先生方からアドバイスを求められることもあります。そんな時には、自分の意見を押し付けるのではなく「これはあくまでも私の考えだけど」と前置きしてアドバイスすることにしています。
先生自身の考えや想いも尊重してあげたいですし、それが功を奏した時に自分の糧にもなると思うからです。

メッセージ
一緒に園を作り上げていきましょう!

貝塚中央福祉会で提唱している“環境保育”に興味がある人や、子どもたちと楽しいことをしたい!と思っている人、ぜひ一緒に働きましょう。関目中央保育園はできたばかりなので、みんなで一緒に作り上げられる醍醐味もあります。
子どもたちと日々笑顔で過ごすためには、職員一人一人が楽しんで働くことが大事だと思っています。
学ぶだけでなく“自分ならこうしてみたい”という意見も気軽に言えるような園でありたいと考えているので、入職された際には、ぜひいろんな意見を聞かせてくださいね。

笑顔で働く!笑活をはじめうよう♪

求人について聞きたい!方へ

お問い合わせ

WEB面接を受けたい!方へ

エントリー

×閉じる